「いいたて雪っ娘」商品のショッピングサイトはこちら!

名店が語る「いいたて雪っ娘のここに惚れた!」 − その2・「天ぷら逢坂」 −

名店が語る「いいたて雪っ娘のここに惚れた!」 − その2・「天ぷら逢坂」 −

「自分以外の料理人の方が、このかぼちゃをどう感じるか? それを知りたいんです」

いいたて雪っ娘アンバサダーの猿渡浩之さんが持つ想いに触れて、私達も様々なジャンルの料理人が雪っ娘をどう使い、どういった長所や個性を感じるのか知りたくなりました。

そこで、猿渡さんがかぼちゃと共に腕利きの料理人を訪問。インスピレーションと経験を元に作られる一皿を通じて、雪っ娘の魅力をご紹介します。

【参加者プロフィール】

■大坂彰宏
神田「天政」、箱崎町「つじ村」、元赤坂「OKAMOTO」で修行を重ね、2001年に虎ノ門に「天ぷら逢坂」を開業。コンセプトは「さっくり軽やかな口当たりの天ぷら」。毎朝築地で仕入れる新鮮な素材。綿実油と太白ゴマ油を独自の配合でブレンドした揚げ油。放し飼いで育てられた平飼い鶏の卵を使い、湿度や気温に応じて細やかに微調整を重ねる衣。この道一筋20年以上の経験と技術で天ぷらと向きあう職人の姿には、熱狂的なファンが多い。

■猿渡浩之
大阪辻調理師専門学校を卒業後、都内ホテル等を経て会員制高級薬膳レストランの総料理長に就任。その後、本来の食の楽しみを模索・追求すべく、築地市場内の食堂を経て1997年に独立。現在は、完全予約制の料理店「田園調布 廣田」、完全予約制の宅配弁当店「廣田 真之坊」を経営。「ぜいたくな食材を無理なく楽しむ」「身近な食材で驚くほどの豪華さを作り上げる」といったテーマに基づくお任せスタイルの料理が、多くのファンを魅了。信念を曲げず真摯に食材に向き合う姿勢が、現役の料理人からの支持も高い「シェフの中のシェフ」。

名店が語る「いいたて雪っ娘のここに惚れた!」カテゴリの最新記事