いいたて雪っ娘かぼちゃを楽しむキッチン2016-12

休憩を挟んだ後半のセクションは、「みんなで、いいたて雪っ娘を使った美味しい料理を作って、ワイワイ食べよう!」という、即興メニューセッション。

まずは、廣本さんによる調理のかんどころプレゼンテーションから。慣れた手つきでカットされ白皮に包まれたオレンジ色の果肉が現れた瞬間、参加された方からは「おぉ…」というどよめきが。2月の下旬に国産のカボチャが、ベストコンディションで目の前にある奇跡は、ちょっとしたサプライズだったのかもしれません。

調理のインスピレーションを掴んでいただくということで、まずは試食となったのですが、煮たり蒸したりするのではなく…

いいたて雪っ娘かぼちゃを楽しむキッチン2016-13

スライスした雪っ娘を生でいただきます!

コリっとした歯ざわりから溢れるのは、メロンのような香りと甘み。そういえば、昨年11月に開催した大収穫祭に登場した雪っ娘のカレーでも、細切りにしたものをアクセントとして添えられていました。

例えば、収穫したてのタケノコでしか楽しめない「タケノコの刺身」とは逆に、収穫後に追熟させないと楽しめない「雪っ娘かぼちゃの刺身」。

魚の刺身に熟成魚というジャンルができている昨今、熟成野菜という切り口も面白いのかもしれません。

いいたて雪っ娘かぼちゃを楽しむキッチン2016-14

雪っ娘のおいしさを参加者が再確認した後、キッチンでは調理がスタートしました!

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

いいたて雪っ娘かぼちゃを楽しむキッチン2016-15

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

yukikko160227-24

[/wc_column][/wc_row]

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

いいたて雪っ娘かぼちゃを楽しむキッチン2016-18

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

いいたて雪っ娘かぼちゃを楽しむキッチン2016-19

[/wc_column][/wc_row]

ゲストスピーカーの小澤さんのサポートを受けつつ、生の雪っ娘を自分の手でカットしたり、ペーストと粉を混ぜあわせて団子にしたり。はたまた、薄くスライスして素揚げしたり、生地の上にペーストを重ねたり。

いいたて雪っ娘かぼちゃを楽しむキッチン2016-20

「こんな感じの料理が合いそう」「この組み合わせがイケると思う!」

頭の中に描いた思い思いの完成形に向かって料理は作られ、制限時間はあっという間に終了。お待ちかねの試食タイムとなりました。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

いいたて雪っ娘かぼちゃを楽しむキッチン2016-21

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

いいたて雪っ娘かぼちゃを楽しむキッチン2016-22

[/wc_column][/wc_row]

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

いいたて雪っ娘かぼちゃを楽しむキッチン2016-23

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

いいたて雪っ娘かぼちゃを楽しむキッチン2016-24

[/wc_column][/wc_row]

雪っ娘の団子と野菜がたっぷり入っただんご汁や、雪っ娘のペーストとホットケーキミックスを混ぜ合わせて焼いた生地に、雪っ娘ペーストとあんこを絞った、いとこ煮風の雪っ娘スイーツ。素揚げした雪っ娘に、渡邊さんが製造・販売する「とみちゃん特製万能たれ」をつけて食べたり、フランスパンの中に雪っ娘のペーストを塗ったり。

いいたて雪っ娘かぼちゃを楽しむキッチン2016-25

色々な足し算の中で、雪っ娘の個性を発揮させる料理や、シンプルにすっぴんの魅力を楽しむ料理。あるいは郷土料理的な組み合わせで生まれたスイーツ。

くっきりした長所を持つ素材には調理法なんてボーダレス。どんな料理でも力強いおいしさは変わりません。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

いいたて雪っ娘かぼちゃを楽しむキッチン2016-26

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

いいたて雪っ娘かぼちゃを楽しむキッチン2016-27

[/wc_column][/wc_row]

食後は、雪っ娘イベントに欠かせなくなった「重さ当てクイズ」の正解発表。

小さめサイズの雪っ娘を持って1グラム単位で正解を記入し、一番近い数字を出した方が優勝という、絶対音感ならぬ絶対重量感を試すこのクイズ。

今回はなんとピタリ賞の方が!また、今回は2番手に近かった方の誤差もわずか3グラム。主催側としては、そろそろ使うサイズを大きめにする必要があるのかもしれません(笑)。

いいたて雪っ娘かぼちゃを楽しむキッチン2016-28

そして、締めくくりの挨拶は生みの親である菅野元一さんから。

春の土作りから収穫までの間に多くの方からパワーをいただいて、スクスクと育ったいいたて雪っ娘。そこには想いと甘いがぎゅっと詰まっています。

東京で開催した収穫祭、あぶくま茶屋で開催した大収穫祭、そして今回のワークショップ。

色々な形で、多くの方と美味しさと楽しさを共有することができました。

いいたて雪っ娘かぼちゃを楽しむキッチン2016-29

来年度も、いいたて雪っ娘プロジェクト協議会では、栽培や商品加工はもちろんですが、こうしたイベントの開催を通じて多くの方に雪っ娘のことを知っていただけるよう頑張ります。

そして、全国各地に育ての親が増えることで、美味しさの輪が広がれば、この上なく幸せです。

今後とも、ご声援のほどよろしくお願い致します!

 

1

2

いいたて雪っ娘通信

いいたて雪っ娘通信

白く輝く薄皮に包まれた、艷やかで色濃い黄色の果肉。ほっくりした食感から生まれる、やさしく濃厚な甘さ。 福島県飯舘村で生まれ、多くの方の手によって大切に育まれてきたカボチャ「いいたて雪っ娘」。 いいたて雪っ娘通信では、美味しさの秘密や成長記録、加工品やイベントの情報など、いいたて雪っ娘に関する物語やお知らせをお伝えします。

関連記事

いいたて雪っ娘通信

いいたて雪っ娘通信

白く輝く薄皮に包まれた、艷やかで色濃い黄色の果肉。ほっくりした食感から生まれる、やさしく濃厚な甘さ。 福島県飯舘村で生まれ、多くの方の手によって大切に育まれてきたカボチャ「いいたて雪っ娘」。 いいたて雪っ娘通信では、美味しさの秘密や成長記録、加工品やイベントの情報など、いいたて雪っ娘に関する物語やお知らせをお伝えします。

TOP