いいたて雪っ娘たっぷりのハンバーグとコロッケが、「いいたて村の道の駅 までい館」の12月・1月土日限定メニューとして登場!

ニュース

いいたて雪っ娘のふるさと・飯舘村。ここに訪れる方々の交流拠点として2017年にオープンした「いいたて村の道の駅 までい館」。そのレストランにいいたて雪っ娘をたっぷり使ったハンバーグとコロッケが誕生。12月と1月の土日期間限定メニューとして登場しています!

ほんのり甘口かぼちゃソースで大きなハンバーグをガッツリと!「丸ごと雪っ娘ソースのハンバーグ」

まずは丸ごと雪っ娘ソースのハンバーグ。その重さ180グラムの大ボリューム!主役の周りを彩るのは、いいたて雪っ娘を始めとした野菜の素揚げとポテトフライ。仕上げに炒ったエゴマをふりかけた飯舘らしい一品です。

見てください!この断面!!厚さ約6センチの中にギュッと閉じ込められているのは、国産牛肉と若鶏の旨味。ひと噛みするごとに風味豊かなお肉のエキスがしっかりと口に染み込みます。また、脂身系のハンバーグにはないさっぱりした口当たりなので、脂が苦手という方もモリモリ召し上がりいただけます。

そんなお肉の味を際立つつ存在感を遺憾なく発揮しているのが、特製・雪っ娘ソース。これ、かぼちゃの実だけではなく、皮、ワタや種に至るまで、秘密の調理法でまるごとソースに閉じこめました。しっとり滑らかなソースを肉に絡ませてえごまの香ばしさを纏わせると、今までに味わったことがない不思議なおいしさが。もちろん、定食としてついてくるごはんとの相性も抜群です!

もちろん、野菜の素揚げの主役はいいたて雪っ娘。ホックリしっとりした口当たりと、やさしい甘さをお楽しみください。

実はポテトフライにも大きな秘密が。なんと上にかかったソースは、あぶくま地域の伝承料理・味噌じゃがのタレをベースにしたもの。甘じょっぱいタレで食べるフライドポテトの感覚は、ファストフードでは体験できない味。それでも懐かしさを感じるのは、昔ながらの定番味だからこそ。思わず、単品でおかわりしたくなります!

サクサク・プチプチ食感が楽しい!新感覚のライスコロッケ「いいたて雪っ娘と玄米もち米のコロッケ −までいなトマトソース添え−」

もう一品がこちらのコロッケ。「いいたて雪っ娘と玄米もち米のコロッケ −までいなトマトソース添え−」と名付けられた秘密は、

お箸でカットした断面にあり。ベシャメルソースのようなトロっとした雪っ娘ペーストに、もち米の玄米ともち麦を混ぜ合わせたタネがぎゅっと詰まっています。衣サクサク、中身プチプチ。弾力の違いとじんわりと広がるかぼちゃの甘さのハーモニーに、驚いていただけるはずです。

付け合せのソースは、飯舘村産のニンニクを使ったトマトソース。酸味と豊かでパワフルな香りが、コロッケをガラリと大人向けの味に変化。一枚で二度美味しいコロッケです。

食後は雪っ娘加工品のお買い物をお楽しみください!

食後は館内で販売されている雪っ娘加工品のお土産探しはいかがでしょうか。もちろん、たくさんの野菜が並ぶ産直コーナーには、いいたて雪っ娘の生果も販売。他にも定番人気の「ポクしっとりマドレーヌ」や、

スープやお菓子づくりなど、幅広いお料理に使える裏ごしペーストや、こちらもペーストをたっぷり使ったかぼちゃ畑の完熟ジェラート。

そして、かぼちゃ畑の完熟プリンが皆様をお待ちしています。

今回の2品は12月と1月の土日限定メニュー。収穫後に丁寧に完熟させたかぼちゃを使い、ひとつひとつ手作りで仕上げているので大量生産ができません。一度召し上がっていただくと、雪っ娘が好きになること間違いなし。期間中にぜひお召し上がりください!

【いいたて村の道の駅 までい館】
営業時間:午前9時30分~午後5時(土日)
住所:〒960-1802 福島県相馬郡飯舘村深谷字深谷前12-1
電話番号:0244-42-1080

いいたて雪っ娘通信

いいたて雪っ娘通信

白く輝く薄皮に包まれた、艷やかで色濃い黄色の果肉。ほっくりした食感から生まれる、やさしく濃厚な甘さ。 福島県飯舘村で生まれ、多くの方の手によって大切に育まれてきたカボチャ「いいたて雪っ娘」。 いいたて雪っ娘通信では、美味しさの秘密や成長記録、加工品やイベントの情報など、いいたて雪っ娘に関する物語やお知らせをお伝えします。

関連記事

特集記事

いいたて雪っ娘通信

いいたて雪っ娘通信

白く輝く薄皮に包まれた、艷やかで色濃い黄色の果肉。ほっくりした食感から生まれる、やさしく濃厚な甘さ。 福島県飯舘村で生まれ、多くの方の手によって大切に育まれてきたカボチャ「いいたて雪っ娘」。 いいたて雪っ娘通信では、美味しさの秘密や成長記録、加工品やイベントの情報など、いいたて雪っ娘に関する物語やお知らせをお伝えします。

TOP