「いいたて雪っ娘」商品のショッピングサイトはこちら!

初代割烹高橋さんがかぼちゃ畑を訪問。そして、雪っ娘を使ったメニュー提供が始まりました!!

初代割烹高橋さんがかぼちゃ畑を訪問。そして、雪っ娘を使ったメニュー提供が始まりました!!

初代割烹高橋-01

実りの秋を迎えた9月中旬、福島市の畑では雪っ娘がスクスクと育ち、収穫の時を待つばかり。そこに訪れたのは、和食の名店『初代割烹高橋』のご主人・高橋豊和さんと、NPO法人HOTNETキッチンの高橋克さん。

雪っ娘公式アンバサダーの猿渡浩之さんとともに2月にお店を訪問し、プロの料理人から見た雪っ娘の長所を伺いつつ調理いただいたのが、雪っ娘を使った釜焚きご飯。かぼちゃが紡いでくれた縁がきっかけとなり、収穫&磨き体験にお越しいただきました。

初代割烹高橋-02

畑一面に実がついたかぼちゃの姿を見て、「この規模のかぼちゃ畑に来たのは初めてです!」と、テンションが高まる豊和さん。早速、剪定バサミを片手に収穫を体験いただきました。

初代割烹高橋-03

ヘタの部分に縦横の筋が入っていることを確認し(これが収穫タイミングのサイン!)、ハサミで次々と収穫していきます。「見た目よりもズッシリと重たいんですね…」と、太陽と土の恵みをいっぱいに受けたかぼちゃを手に、克さんにも微笑みが浮かびます。

初代割烹高橋-04

一方、豊和さんがかぼちゃ本体以上に関心を持ったのが、葉っぱや新芽、小さな実といった副産物の部分。

初代割烹高橋-05

「カボチャの葉っぱもキレイに洗って、その上にお刺身を盛ると映えそうですね。色鮮やかですし目を惹きます。こういったあしらいものは、築地から買ったりもしてるんですが、直接手に入ればいいですよね」と、豊富なアイデアと実例、そして使い方の提案をいただきつつ、「色々な使い方を試してみたいですね!」と、袋いっぱいお持ち帰りいただきました。

ニュース・レポートカテゴリの最新記事